スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2007年08月26日(Sun)

2007秋の新ドラマ情報!!②

カテゴリー:2007秋 新ドラマ情報記事編集

今日やっと髪切りました!!
肩まで伸びちゃっててありえない暑さでした…
でも暑いからって前髪ちょんまげにして後ろ2つ結びにしてたら跡がついた。・゚・(ノд`)・゚・。
前髪変にうねってるよ
明日内定者懇親会なのに!!!
めんどくさがってギリに美容院行ったからこんなことに…
ちぇっ( ゚д゚)、ペッ

ではこないだの続きードラマ紹介でっす
あ、最近ドラマ見ないから視聴率載せんのもサボっててすんません
それと興味ないドラマはタイトルしか書きませーん(好き勝手やるぜ!!)


未定有閑倶楽部(詳しくはコチラへ)
(火曜日22:00~日本テレビ系)



相棒 シーズン6
(水曜日21:00~テレビ朝日系)

公式HP


働きマン
(水曜日22:00~日本テレビ系) 2007年10月スタート


【キャスト】
菅野美穂

【イントロダクション】
漫画家・安野モヨコさん(36)の人気コミック「働きマン」は、単行本3巻の発行部数が累計300万部を突破するほど絶大な支持を集めている作品で今回が初めての実写化。安野さんも「そっくり」と太鼓判を押すキャスティングだ。

主人公の松方弘子は、週刊誌「JIDAI」の編集者。28歳で独身だが、恋人とのデートよりも仕事を優先。仕事モードに突入する“男スイッチ”が入ると、寝食も忘れ、男性顔負けの働きぶりをみせるため、ニックネームは“働きマン”。「あたしは、仕事したなーって思って死にたい」と言い切るほど情熱を持って仕事に向き合う姿が、世の働く男女を中心に支持されている。

公式HP



期待度(仮):B

またマンガが原作きましたね~
「働きマン」てちょこっとしか読んだことないけど、今までの”思いっきりマンガ”ってのよりリアルっぽいからドラマにしてもイケるかも

それに主演・菅野だしね!!
最近ドラマで見てなかったから楽しみ(*゚∀゚)=3
(「わたしたちの教科書」は見てなかったし)
菅野はうまいから心配しなくていいっすね
公式HPにはまだ内容とかなんもアップされてないけど、菅野が主人公になりきってる画像があります
けっこう似てるんで見てみてくらさい
他のキャストがまだ未定なのでBってことで



おいしいごはん! 鎌倉・春日井米店
(木曜日21:00~テレビ朝日系)

公式HP
ホームコメディやだ


3年B組金八先生 第8シリーズ
(木曜日21:00~TBS系)

どーでもいー
知らんかったけどなんか揉めてたらしいね?→


医龍2
(木曜日22:00~フジテレビ系) 2007年10月11日スタート ※初回2時間30分スペシャル


【キャスト】
坂口憲二、内田有紀、小池徹平、北村一輝、阿部サダヲ、水川あさみ、池田鉄洋、佐々木蔵之介、夏木マリ、岸部一徳

【イントロダクション】
かつて難民キャンプで、世界レベルの救命医療チーム“メディカル・ドラゴン”を指揮した抜群の腕を持つ天才外科医・朝田龍太郎。
大学病院に招き入れられ、教授を頂点とした医局の権威主義と戦いながら患者を救い、バチスタ手術という高度な技術を要する心臓手術を成功させた朝田とその仲間、「チームドラゴン」。彼らが立ち向かう新たな敵とは…。

今回の『医龍2』では、病院の吸収合併や乗っ取り、近年の医師不足など、深刻な日本の医療の現実を題材に、朝田龍太郎の新たなる戦いをオリジナルストーリーで展開していく。

また、今回のシリーズから内田有紀がレギュラー出演。医療ジャーナリストと名乗る内田は、今シリーズのキーパーソンとなる。

【あらすじ】
※あまりに長いので、一番下の”続きを読む”をクリックして読んでください

公式HP



期待度(仮):C

1を途中で見るのやめちゃったからなぁ
2見るのどーしよ
今クールのドラマにはない、真面目な、社会問題も含んだ本格派ドラマ
むー初回くらい見るかも
ってかびっくりしたけど今クールはホントふざけてんなww
みんな手ェ抜いてないか?



「医龍2」初回あらすじはコチラ↓↓

【あらすじ】
“医龍”こと朝田龍太郎(坂口憲二)を中心としたチーム・メディカル・ドラゴンは日本初のバチスタ手術(超高度な技術を要する心臓手術)を成功させた後、解散。朝田は再び難民キャンプの医師として活動をしていた。“チーム・メディカル・ドラゴン”を欠いて以来、明真大学付属病院の患者数は激減。教授戦を争った加藤晶(稲森いずみ)、霧島軍司(北村一輝)の姿もない。病院に残ったメンバー、伊集院登(小池徹平)、里原ミキ(水川あさみ)はおろか、メンバーではない木原毅彦(池田鉄洋)さえも経営に不安を覚えるほどだ。そんな時、チームドラゴンのメンバーに明真再建とチーム再結成を訴える差出人不明のメールが届く。だが、朝田はアメリカ、元メンバーの内科医・藤吉圭介(佐々木蔵之介)は地方の病院に勤務、麻酔医の荒瀬門次(阿部サダヲ)は明真にいるものの覇気がなく、伊集院は再結成に疑問を持つ。
 ほぼ、時を同じくして明真には病院経営再建のため、チームドラゴンのかつての宿敵、野口賢雄(岸部一徳)が、教授を含めた全医局員の人事権を持つリスクマネージメント部長として復帰した。ますます再結成は夢と思う伊集院。だが、野口は伊集院を明真から飛ばそうとした江上彰教授(板尾創路)にくぎを刺す。
 そんな折、明真の間近でひき逃げされて、重症を負った片岡一美(内田有紀)がERに搬送された。鬼頭笙子教授(夏木マリ)がアメリカに渡って以来、覇気のないER医師たちがあきらめようとした時、なんと朝田が現れて片岡を救う。帰国した朝田に、野口は明真大学の医療レベルを全国にアピールするための公開手術(手術の映像を別会場に生中継し、そこに集まった医師たちからの質問を受けながら執刀する手術)を持ちかけた。
 チーム再結成も夢ではない。喜ぶ伊集院や元メンバーの前に、藤吉も現れた。自分を頼ってきた拡張型心筋症の患者、富樫ゆかり(りょう)の手術をチームドラゴンの手に委ねるためだ。ゆかりは妊娠7ヵ月のためどの病院でも子供をあきらめなければ手術はできないと拒否されていたのだ。ところが、長い不妊治療の末やっと授かった子供をあきらめる事は絶対にできないと、夫の剛(田中実)ともども子供の中絶を拒否。藤吉は手術できるのは朝田しかいないと考えたのだ。
 このリスクの高い手術を野口が認めるわけもない。ところが、朝田によって一命をとりとめた片岡が動く。医療ジャーナリストだと言う片岡が、野口を説き伏せたのだ。朝田が公開手術を行うこと、万一失敗しても明真大学の名に傷が付かないよう、手術は北洋病院で行うことを条件に野口はゆかりの手術を許可する。
 ゆかりは、北洋病院でチームドラゴンの手術を待つ。その間に、公開手術の日程が決まった。しかし、公開手術前日にゆかりの容態が急変。公開手術とゆかりの手術を同時に行なわなければ間に合わない。いずれの手術も朝田以外には執刀できない難手術。絶体絶命の状況の中、朝田は荒瀬を呼び、公開手術を45分で切り上げ、ゆかりのもとに戻ると藤吉たちに約束する。
 公開手術が始まる。マスコミを前に手術を解説するために、鬼頭も呼び寄せられていた。手術を前に45分の処置時間を宣言する朝田に、どよめく会場。だが、朝田は切り札を用意していた…。
スポンサーサイト
 
│posted at 22:39:28│ コメント 2件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫sino
URL│posted at 2007-09-09(Sun)20:23│編集
色付きの文字びっくりしました。
v-12
≫寒村
URL│posted at 2007-09-11(Tue)17:57│編集
え?そうですか?
えっと…どうもww
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。